古い御札やお守りのお焚き上げ

黄ばんでしまったり埃を被ったままになっている古い御札やお守りをいつまでもそのままにしていませんか?

御札やお守りは神仏の魂が入っていて、神仏を自分の家まで招請して加護を受けるものですから、日々の礼拝の対象として大切にお祀りし、1年間お祀りしたらお礼を添えてお返しし、また新しい御札を頂いてくるのが礼儀です。

ワッペンやシールではありませんので、いつまでも貼っていてはいけません。

こちらに詳しく書いています→古い御札やお守りのお焚き上げ、処分方法エンター

御札やお守りは頂いた神社や寺院にお返しするのが礼儀ですが、古くなって何処から頂いたのか分からなくなってしまったり、引っ越ししたのでお返し出来ないなどの場合には、高野山真言宗やすらか庵お焚き上げ供養をご利用ください、どこのお守りや御札でも構いません。