高野山真言宗やすらか庵の散骨供養

高野山真言宗やすらか庵の散骨供養は仏教形式で行い、亡き人をあの世に送り出すための葬送の儀として行いますので、一番大切なことは亡き人が迷わずにあの世に向かうことです。

私達は自分を育ててくれた親を送り、そして自分達も年老いたら子や孫に送ってもらう立場であり、自分の死後の事は自分で出来ないからこそ、子や孫に温かく送ってもらったら、それだけで最高に幸せな人生だったと言えるのです。

亡くなってから誰も来てくれなかったり、遺骨の引き取りを拒否したり、遺骨を捨てるようなことをしたりと今の世の中厳しい世の中ですが、せめて家族だけでも温かく見送ってくれたら何と嬉しいことでしょう。

散骨供養の大半は後継者の居ない方が利用されますが、それでも感謝の気持ちを持って、有難うの言葉でもって、供養の気持ちで亡き人を送りだせば、必ず喜んで頂けるのです。