四十九日法要と散骨供養

お葬式をしていない、お葬式はしたけれどとても形式的なものだった、家族葬で僧侶を呼んで葬儀をしたけれど散骨をどうしたら良いか悩んでいる、など亡き人に対して何か手厚い供養をして差し上げたいと思ったら高野山真言宗やすらかあん庵の四十九日法要と散骨供養がおすすめです。

四十九日とは亡き人がこの世から離れて三途の川を渡ってあの世のご先祖様の世界にたどり着いたタイミングで亡き人に対する感謝の気持ちと供養の気持ちを手向け、お墓のある人でしたら納骨しますが、お墓の無い人は大自然への納骨という事で散骨供養を行えば皆と同じ流れで違和感なく故人様をお送りすることが出来るのです。

散骨業者はたくさんありますが、このような亡き人をお送りするための供養として行っている所はどこにもありません、私が僧侶の立場であるからこそ何が必要なのかを敏感に感じ取り、供養と言う形で出来る事なのです。

特集もしています…四十九日と散骨供養エンター