位牌付き戒名

高野山真言宗やすらかあん庵では戒名授与して位牌を作り開眼供養して送料込みで3万円という特別な戒名企画を実施しています。

位牌というものは無き人の魂が天から降りて来るための依り代となり、亡き人と対話したり交流するには必要不可欠なものでございます。場合によっては故人様の魂が入っているという意味では、遺骨よりも大切なものになります。

皆さんお墓にお参りに行くのは、亡き人に会いに行くためであり、亡き人と対話したり交流したり、力を頂いたりする場所がお墓であり、お墓もまた故人様の魂が降りて来る依り代なのです。

お墓は屋外にあってすぐには行けませんが、お位牌はすぐに手を合わせる事が出来ます。

亡き人を身近に感じたいと思ったらお位牌はとても優れたものであり、只作っただけではいけません、開眼供養してこそその効果が発揮できるのです。