七福神と牛が宝船の無料イラスト

いよいよ年の瀬も押し迫り、年末モードに入って最後のお片付けや大掃除などの新しい年を迎える準備を始められた方が多いと思いますが、年賀状も作らないといけませんよね。

現代の国民総スマホ時代で、連絡や挨拶などが瞬時に相手に届く世の中にあっては、手紙やハガキなどを出す機会が少なくなってしまいました。

年賀状の総発行枚数は2003年の49億5936万枚をピークに右肩下がりで減り続けていて、2020年の発行枚数は19億4198万枚ということで、こんごもますます減り続けていくことが予想されます。

要因としてはスマホなどのデジタル通信機器の普及と人口の減少によりますが、それでも年賀状の役割は大きく、相手に感謝の気持ちを伝えるには最適で、しかも手書きや手作りの凝った年賀状を頂くと、とても嬉しくなるものです。

年賀状はお世話になったことの感謝の気持ちと、新しい年もまたお世話になりますと言うご挨拶がセットになりまして、「旧年中は大変お世話になりました、本年もどうぞよろしくお願い致します」という文面になるのですが、新年を迎えるに際し、出来るだけ縁起の良い写真やイラストを使った方が喜ばれるものです。

高野山真言宗やすらかあん庵では2021年度の年賀状用素材として七福神の乗った宝船に更に干支のウシを乗せ、福を運ぶために大海に漕ぎ出すというお目出度いイラストを準備致しました。

七福神ならそれほど仏教感を出すことなく縁起物として使えす。

無料で使えます、素材は「お寺の道具箱」内の「お正月特別企画、七福神年賀状、ホームページ素材」のコーナーにあります。