一昔前までは地方の旧家では親、子、孫の3世代、或いはそれ以上の世代が一つの屋敷に一緒に住むという事が当たり前で、家というものが何世代にも亘って引き継がれていくものであり、家屋敷と周囲の土地は財産として大切に守られてきまし・・・